その知らせを聞いたのは、カーラジオから。窓の外には海が広がってました。どの局からも、イマジンが流れてた。夜。何処のお店からもイマジンが流れてた。あれから30年。世界は想像以上に危険な道を歩み続ける。あの時、僕らや、大人達はいったい何をイマジネーションしたんだろう。あの時二十歳の僕は今50才。あの時30才の若者は確実に60才。一緒に涙したり、怒ったり、考えたりしたはずなのに。結局。あの時みてた大人と同じになっちゃった。「今時の若者は、、」って。拳の落としどころがちがうんじゃない。後10年。僕の60才はどうなることやら。
「思い出すんだ」
君がまだ若かった頃を思い出しておくれ
英雄気取りの奴が
君の物を奪いさって
君をがっかりさせたことを
みんな昔の事だから
忘れようとしなくていいよ
今気持ちを変えられるなら
思い出しておくれ
今日、今、この時に

君がまだ小さかった頃の事を思い出しておくれ
どんなに他人が大きく見えたか
母さんや父さんや愛した人を
ちゃんと思い出しておくれ
そこには君がいるだろう。
悲しくて、世間のせいにする前に
思い出しておくれ
今日、今、この時に
絶望するには
まだ早すぎる。
思い出しておくれ
君が生きてたあの時を。